• NCBドレーン工法とは
  • 施工方法
  • ドレーン材
  • 打設機
  • ウォータージェット工法
  • 継杭打設式ドレーン工法
  • 施工管理
  • 施工実績
  • 現場紹介
  • ごあいさつ
  • 新着案内
  • 協会会員
  • プライバシーポリシー
  • カタログ・資料のダウンロード
  • 会員様限定(ログイン)

ごあいさつ・新着案内

NCBドレーン工法パンフレット世界でも有数の軟弱地盤を持つ我が国では、その軟弱地盤上に道路・鉄道や港 湾・空港、 住宅や工場が集中しております。

そのため、軟弱地盤の改良は国土開発や社会資本整備を進めていくうえで重要な課題といえます。

 NCBドレーン協会では、その地盤改良工法のひとつであるバーチカルドレーン工法に属するNCBドレーン工法について研究を行ってまいりました。本工法は、プラスチックボードドレーン材の一種である「キャッスルボード」を地盤内に打設して、軟弱地盤の圧密を促進し強固な地盤に改良するものです。

 昭和40年頃から港湾建設事業等に広く採用され、数多くの施工実績からその高い品質と優れた施工性が証明されております。

 これからも安全で豊かな社会を築くために、今後も当協会ではさらなる研鑽に努めてまいりますので、大いにご利用下さい。

 

 

NCBドレーン協会