• NCBドレーン工法とは
  • 施工方法
  • ドレーン材
  • 打設機
  • ウォータージェット工法
  • 継杭打設式ドレーン工法
  • 施工管理
  • 施工実績
  • 現場紹介
  • ごあいさつ
  • 新着案内
  • 協会会員
  • プライバシーポリシー
  • カタログ・資料のダウンロード
  • 会員様限定(ログイン)

施工管理

施工管理装置(プラスチックボードドレーン専用記録計)

 プラスチックボードドレーン工法の施工管理システムは、ドレーン材検出器を用いてドレーン材繰り出し量、残置深度及び共上り量を計測します。その結果を記録紙にアナログ表示させるという方法を用いています。
しかし我々NCB協会では、近年要望される高品質な施工管理に対応する為、上記以外に必要に応じて、地盤高、改良下端高、設定油圧値等を直接、記録紙に入力できるデジタル式記録紙を開発し、実用化しております。



ドレーン材検出器の構成図ドレーン材検出器の構成図