• NCBドレーン工法とは
  • 施工方法
  • ドレーン材
  • 打設機
  • ウォータージェット工法
  • 継杭打設式ドレーン工法
  • 施工管理
  • 施工実績
  • 現場紹介
  • ごあいさつ
  • 新着案内
  • 協会会員
  • プライバシーポリシー
  • カタログ・資料のダウンロード
  • 会員様限定(ログイン)

ドレーン材・打設機

ドレーン材

 ドレーン材の使命は、地盤中にあって不変の排水を続けながら圧密沈下に順応して収縮してゆき、改良期間中排水特性が低下しないことが望まれます。
当協会のキャッスルボードドレーンは、この条件に対し真に追従し得るドレーン材です。

キャッスルボードドレーン 標準仕様
項 目
単位
キャッスルボードドレーン
(標準仕様)
材 質
芯 体
ポリオレフィン樹脂
フィルター
ポリエステル系合成繊維
寸 法
厚さ
mm
3.6±0.5
mm
94±2
透水係数
垂直方向
m/sec
1×10-2
水平方向
m/sec
1×10-4
引張強度
製品幅
kN
2.5以上
延 長
1巻
m
300

 


先端アンカー

先端アンカーは、ドレーン材を所定の位置に着底させること及び、ケーシング先端からの泥土浸入を防止する目的で、ケーシング先端にアンカーを取り付けます。
先端アンカーの選定は、現場条件(改良深度、硬質地盤、中間止め)により決定されます。