• NCBドレーン工法とは
  • 施工方法
  • ドレーン材
  • 打設機
  • ウォータージェット工法
  • 継杭打設式ドレーン工法
  • 施工管理
  • 施工実績
  • 現場紹介
  • ごあいさつ
  • 新着案内
  • 協会会員
  • プライバシーポリシー
  • カタログ・資料のダウンロード
  • 会員様限定(ログイン)

バーチカルドレーン工法(プラスチックボードドレーン、ペーパードレーン、カードボードドレーン工法)

■バーチカルドレーン工法概要

  バーチカルドレーン工法は地盤改良工法の一つである圧密促進工法に部類され、他にプラスチックボードドレーンペーパードレーンカードボードドレーンと称することがあるが、全て同工法として扱われている。

  工法概要として、軟弱な粘性土地盤中に人口の鉛直ドレーン材を多数配置して、排水距離の短縮を図りつつ、圧密促進させて地盤の強度及び変形特性を改善する工法である。

  地盤改良工法とは、対象地盤の物性が工事に不十分な場合には軟弱地盤として地盤改良が検討されることになり、多種多様な工法が開発されている。これらのうちでも、軟弱粘土地盤の改良に当たっての代表的工法の1つとしてプラスチックボードドレーン(別名:ペーパードレーン、カードボードドレーン)工法が最も効果的であるとして多用されている。



>>圧密促進とは
>>減容化対策とは