• NCBドレーン工法とは
  • 施工方法
  • ドレーン材
  • 打設機
  • ウォータージェット工法
  • 継杭打設式ドレーン工法
  • 施工管理
  • 施工実績
  • 現場紹介
  • ごあいさつ
  • 新着案内
  • 協会会員
  • プライバシーポリシー
  • カタログ・資料のダウンロード
  • 会員様限定(ログイン)

圧密促進

■圧密促進とは

  プラスチックボードドレーン工法は粘性土の圧密促進を図って事前に軟弱地盤の沈下を促進させておいて、建設後における有害な残留沈下や不同沈下を著しく低減させることを目的とするものである。

  バーチカルドレーン工法には、一般に圧密促進の為のドレーン材料として、天然材料である砂を用いて鉛直に打設するサンドドレーン工法と、プラスチックボードドレーン(昔はペーパードレーンと呼ばれていた)という板状の人工的な透水体を鉛直に打設するプラスチックボードドレーン工法の2つが代表的な工法として知られている。





>>プラスチックボードドレーン工法
>>減容化対策とは